18年間幸せを呉てありがとう

 犬友だちのSさんが二か月ほど前にワンちゃんの葬儀を出されました。
すっかりと気落ちして、悲嘆に暮れる姿をどう励ましてあげたら良いのでしょう⁈
花を届けて、ありし日の、あの時、この時を語りながら一緒に泣いてきました。
愛する小さな家族を失った人でしか知りえない、深い悲しみの世界を、どれくらい
分かってやれたのか?? 自問自答する自分が、何日かいたような気がします。

 11月17日の真夜中に、我が家の老犬ハルちゃんが18年間の一生を閉じました。
悲しみで、胸が苦しくて、息も辛く、涙で目が曇りっぱなしでした。
 友人より、そちらを紹介してもらい、火葬場に立ち会って家族で葬儀をしました。
小さくなって目の前に現われた愛犬のお骨の白さと、可愛さにまた泣けました。
 一つ一つのハルちゃんの部位の説明を受けながら、あまりの愛おしさに嗚咽を
もらしてしまいました。 小さな存在ですが、こんなに悲しいなんて初めていま
知りました。 きっときっと成仏してね。ありがとう ありがとう ありがとう。

所沢市 ハルちゃんママ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

archives

search this site.