アメリカ生まれのクレア

 米国生まれのクレア(女の子)は26年6月10日に17才で静か逝きました。
私がアメリカのウイスコン州に留学している時に、出合った猫ちゃんでした。
向こうでは、はじめは寮に入ったのですが、じきに部屋を借りて自活というコースをみな取ります。
一人になると淋しくてパートナーが欲しくなり、そのお相手に選んだのがこの黒猫クレアちゃん
だったのです。ペルシャ系のおとなしい、クレアは猫ジャラシにも反応しないつまらない猫でした。
ネズミ系の動物にもビビってしまうとても変な猫でした。きみは本当に猫なの・・・?と、思った
ものでした。
 魚を食べる習わしのないクレアは、日本に来てもテーブル上の魚など見向きもしません。
寝ることと、食べることが大好きな、大人しい私のアメリカ生活をすべて知っているクレア。
いままで色々ありがとう。 さようなら―。
 
所沢市 A.I

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

archives

recent comment

search this site.