野生のチータン

チータンがうちの庭に初めて来た日をなぜかハッキリ覚えています。
平成24年7月25日に庭で他の外猫たちのお世話をしていて見慣れない
サビ猫がいる事に気がつきました。野生性の強い本当の野良ちゃんで
近づくとサッと飛びのいて物陰に・・・
その日より頻繁に姿を現すようになりました。別に悪さをするでなく
他の猫たちとも打ち解けている様子なのでチータンと名づけて仲間入り
を認めました。 2年半も顔を合わせているのに近づくと「フゥーッ!」と、
ふいて警戒感をあらわにして撫でるどころか接近を許さない子でした。
1月下旬に様子がおかしいのを見ていましたが相変わらずの素振り。
26日にぐったりしているのを見かけてやっと保護し病院に・・・。
手遅れでした。1月27日に病院より亡くなったと知らせが入りました。
息絶えて横たわるチータンをやっと撫でてやることが出来ました。
棺に花と食べ物をいっぱい入れて、家族みんなで送ってやることが
出来ました。どの子の時も悲しい思いでお別れして来ましたが、何故か
一番涙が出ている今回のチータンとのお別れでした。チータン・・・
所沢市 S、

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

archives

search this site.