あまり会いたくないけど

 今年の3月31日に大事なフェレットを葬儀したばかりでしたのに・・・。
その子と、とても仲のいい別のフェレットが5月26日に息を引き取りました。
どうしてこんなに短い間に、また涙を流さなくてはいけないのでしょう!
前の子のときの悲しみを、やっと耐え抜いているところに追い討ちをかけられ、
私の中では大パニックが起こって、自分のやっていることさえわかりません。
そんな中で、よく、そちらに電話が出来たと驚いてさえいるところです。
平静を精いっぱい装っていましたがなにか変なことしませんでしたか?
思ったより早く戻ってきたお骨をみせて頂き安心と納得が出来ました。
飼い主はわかるものです! 歯からも爪からも確かに「ちゃちゃ」でした。
白ユリおとうさんのお気づかいがとても嬉しくてお電話をいたしました。
つぎ、お会いするのはずっとずっと後に5年・6年、いや、もっと後にしたいです。
心が苦しくて呼吸困難になったときは、またお電話をさせてもらうかも知れません。
とりあえず一言感謝の思いをお伝えしたいとの思いで・・・
(このようなお電話を頂戴しました)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

archives

search this site.